交通事故でむち打ちになってしまった場合


つい、家族の「むち打ちくらいであなた大げさよ」などの助言(?)に従って、加害者の保険会社の言いなりになってしまう場合があります。


交通事故被害者が裁判をするとき

 交通事故の被害に遭う可能性は誰にでもあります。運転をしない人であれば、加害者になる可能性はほとんどありませんが、道を歩くなら誰でも被害者になり得ます。
それにも関わらず、多くの人は自分には関係ない話だと思っています。だからこそ、いざ交通事故に遭うとパニックになってしまい、気が付くと不利な条件で示談に応じていたりします。 交通事故の被害に遭った時、加害者が任意保険に加入していれば、保険会社の担当者と話を進めることになります。相手は多くの経験を積んでいるいわばプロ、こちらはパニックに陥っている知識のない素人です。相手が提示する示談案が一般的だと言われれば、そうかと納得してサインしてしまったりします。しかし、言うまでもなく保険会社は支払いを少しでも減らしたいので、提示する示談案は裁判をした時よりも著しく低い額です。裁判まで見越して弁護士を依頼し交渉すれば、間違いなく先方が提示する示談案よりも多くの損害金を勝ち取ることができます。それが分かっているからこそ、相手はなるべく示談で済ませようとします。 自分だけでいくら交渉をしても、相手は示談額を上げてくるようなことはしません。素人が弁護士に相談などしないだろう、裁判など起こしてこないだろう、と高を括っているからです。

少ない額で示談をするか、裁判にして適正な額を勝ち取るかのどちらかです。 裁判をするときは、自分だけでするのは厳しいと思っておいたほうが良いでしょう。日本の裁判は、必ずしも弁護士をつけなくても良いことになっています。本人訴訟といって、原告自ら訴状を作成し、陳述書を提出することは可能です。しかし裁判になると保険会社は弁護士を立ててきますので、法律の知識に疎い素人と法律のプロの戦いになり、不利です。裁判をするなら、交通事故に詳しい弁護士に依頼するのが賢明です。 示談交渉がこじれ、裁判に発展しそうになってから弁護士に相談する人もいますが、できれば事故の直後から相談すると良いでしょう。

そのほうが事故の状況や経緯を説明する手間も省けます。
事故の後しばらくして行われる実況検分に立ち会ってもらうことも可能です。 保険会社は本人との示談交渉ならいくらまで、弁護士が入ったらいくらまで、と賠償額の上限を決めています。弁護士が入ったほうが本人だけとの交渉よりも上がりますが、裁判になった時ほどの額は出しません。いくら粘り強く交渉をしても無駄ですので、さっさと裁判に持ち込んだほうがよほど早いです。



交通事故にあったら弁護士に相談することで賠償金が増額した良い結果が得られました。

 交通事故は分離型の信号を持つ交差点で、私が青信号の時に渡っている最中に相手の自動車が信号を無視して突っ込んだために轢かれました。轢かれた時の衝撃で意識を失っていたこともあり、気付いた時には病院のベットでした。

 意識が戻ってから一応、警察の人が来て事故の事情の確認が行われましたが、警察からは私に過失がなく、全て相手に事故の責任があるということで、後は相手との示談を勧められました。

 その時に相手の保険会社の代理人が来ており、賠償額などの話が行われましたが、事故を起こした本人は来てなかったです。賠償額も入院した際に掛かった医療費のみで、事故を起こした人からの謝罪もなかったです。
 流石に謝罪がなかったのは頭に来たのと、それから賠償金も一切支払われなかったので、不信に感じて何かしらの法的な手続きを行いたいと思い、退院後に弁護士に相談することにしました。

 しかし、どの弁護士に依頼したらよいかがわからなかったので、まず弁護士会に行って相談してみると翌週に弁護士への法律相談会があるということだったので参加することにしました。要予約だったので、その場で予約をしました。実際に相談会に参加すると対応してくれた弁護士の対応が良く、アドバイスもしっかりと行ってくれたので、後日にその弁護士が所属する法律事務所で正式に依頼することにしました。 弁護士の依頼内容については、相手への賠償額の支払いに関する訴訟です。訴訟は相手も弁護士を立てての全面対決になりましたが、訴訟の中で相手のずさんな対応などが明るみになったこともあり、結果は私が希望する判決が出たので良かったです。

 判決には、分割払いでの支払いになりましたが、以前支払われなかった前例があるため、相手の財産について抵当権などを設定してもらいました。支払いが滞ってもその財産を処分してもらえれば良いので、安心して支払いを受けることができました。
しかし、抵当権を設定したためか、それからちゃんと払ってもらえるようになりました。賠償の金額自体は、保険会社から最初に提示された賠償金よりも大幅に増額されていたので良かったです。

 弁護士への報酬を差し引いても当初の賠償金よりも多くの金額が残りました。

 ただし、裁判に掛かった期間は弁護士に相談してから訴訟を起こし、判決を受けるまでに2年近く掛かりました。



2008.7.15 交通事故にあったメモ